【こどもの便秘は水を飲めば治る?】幼児の便秘に水分摂取が効果のある理由

ウチの子の頑固な便秘…もしかして水分が足りていないのかな??

このように子供の便秘の原因を安易に考え、とりあえず水分摂取すれば治ると決めつけているママさんも多いようです。

もちろん水分が不足気味の子供には効果的な方法ですが、便秘の原因を突き止めずに闇雲にお水を飲ませれば、逆に悪化させるケースもあるので要注意!

そこで今回、当ページでは

  • 子供の慢性化する便秘を水分摂取は効果があるのか?
  • 仮に子供の便秘の原因が水分不足だとして、どこに注意して水分を与えればいいのか?

この2点を詳しく解説していきます。お子さんが明らかに水分が不足気味で、年中、コロコロウンチやカチカチウンチというママさんはぜひ参考にしてください!

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

水分摂取だけで子供の便秘を治せるほど甘くない!

当サイトで提案している【子供の便秘改善の7箇条】というのが、以下の通り。

こどもの便秘解消の7箇条
  1. 朝起きたらコップ一杯の水を飲む
  2. 必ず朝ごはんを食べる
  3. 食事のリズム(時間帯)を一定にする
  4. 朝朝のトイレはゆっくりと余裕をもって
  5. 体を動かして運動する
  6. たっぷりと眠る!夜更かしは厳禁
  7. お風呂の中でマッサージ

お子さんの便秘は今の生活習慣が原因になっていることがほとんどです。便秘薬やクリニック受診の前に、まず上記の7箇条を実践してみましょう!

上記の①にあるように『朝、起き掛けにコップ一杯のお水を飲む』。これは子供の便秘改善にとても有効な方法です。

ただこちらのページ、【こどもの便秘対策】コップ一杯のお水でウンチのが出る2つの理由と摂取方法でもお伝えしたように、ウンチを柔らかくして出しやすくする目的よりも、どちらかといえば、『空っぽに近い腸をお水が通過することでぜん動運動を始めろ!と指示を出す』効果がポイントなのです。

なので【水分摂取=ウンチが柔らかくなる】と勘違いして、お子さんにガンガンお水を飲ませているママさんは直ちに中止して根本的に考えを改めるようにしましょう。

ただし絶対的な水分摂取が不足していれば便秘は悪化します!

とはいえ、すでに便秘体質のお子さんが水分不足な状態が続けば、言うまでもなくウンチの状態は硬く出しにくいウンチに変化します。

とくに幼児などは大人にくらべ運動量も違えば発汗量も違います。就寝中に寝汗をたっぷりかくお子さんの場合、コップ1~2杯の汗をかきます。

寝ている間に失われた水分が補給されずに放置されると、カラダは防衛本能でウンチをつくるはずだった体内の水分を使い始めてしまうのです。

結果、腸内環境は正常にもかかわらずウンチを作るための水分が奪われてしまい、コロコロウンチやカチカチウンチとなって肛門で停滞してしまいます。

これが起床時にコップ一杯のお水が便秘解消に効果的といわれる所以なのです。

子供の便秘を治すには、お水をどれだけ飲めばいい?

では具体的にどのくらいの水分を摂取すれば、子供の便秘解消の効果が期待できるのでしょうか?

この部分について考えてみましょう。

ちなみに便秘気味の大人の人が解消する場合、1日約1,500~2,000ml程度の水分摂取がのぞましい…というデータもありますが、子供の便秘解消に関してはそういった基準はいっさいありません。

そもそも季節によって発汗量もかわる上、お子さんの便秘の直接的な原因も人それぞれ。なので一律で○○ml飲めばウンチが出やすい!といった基準は設けることができません。

睡眠や入浴によって明らかに発汗量が多かった時はもちろん、喉の乾きにくい冬場などはママさんが子供の水分摂取量をよく観察し、コマメに水分を摂る習慣をつけておくといいでしょう。

水分ってどんな飲み物が便秘にいいの?

またミネラルウォーターの銘柄によっては、ミネラル豊富で便秘解消に効果がある商品もみられますが、子供の便秘にかんしては普通の水道水を煮沸した程度の常温のお水でじゅうぶん。

大人の便秘とは原因が違います。便秘の中でもウンチの硬さが頑固すぎて出血をともなうレベルの場合はマグネシウムが多めのお水を試してみるのもいいでしょう。

お風呂上りに白湯を飲むと便秘にいい?

また子供の便秘対策として

入浴後に白湯を飲ませるとウンチが出やすくなると聞いたので、お風呂のあとは毎日飲ませている!

こんなママさんもいるようですが、正直、便秘改善の効果に関してだけいえば、効果はイマイチ…。

たしかに入浴中に失われた水分を摂取することでウンチも柔らかくなる気もしますが、そもそもカラダが欲する水分と腸がウンチのために欲する水分は別物なのです。

むしろガブガブ飲みすぎることで、過剰に水分が摂取されます。腸内でウンチに水分が行き渡りすぎるため、腸に水分が吸収されずに肛門に達すれば下痢気味になるでしょう。

カイベン先生
一度に多くの水分はダメ!コマメに何回も飲む!という習慣こそ、良いウンチに必須なのです!

まとめ

以上、子供の便秘を水分摂取という視点から詳しく解説してみました。

ここまで読んでくれたママさんは理解していると思いますが、大切なポイントとしては、

  • 子供の便秘は水をたくさん飲んだから便秘が治るわけじゃない!
  • けっして水分摂取だけでウンチを出そうと考えないこと

この部分を頭に入れておいてください。

安易に水分摂取だけで便秘を治そうとすれば、腸内の水分吸収機能に異常が生じてしまい【便秘→下痢】、【下痢→便秘】と繰り返すことになりかねません。

飲みたいタイミングで飲ませる!水分不足にならないよう目を光らせる!

また水分を摂らせすぎるママさんも問題ですが、外出時にトイレが近くなったら困ると、水分摂取をコントロールされるママさんもいます。こっちも便秘改善どころか悪化します。

あまり神経質になり過ぎずに、お子さんが喉が渇いたと言ったタイミングで飲みたい量のお水やお茶飲ませてあげてください。

ただし大人と違い、遊びや運動に熱中するあまり、水分摂取を忘れてしまうお子さんもいます。そういった場合に水分不足にならないようアドバイスすることも忘れずに。

また水分摂取だけでウンチを出そうと考えず、食物繊維たっぷりの食事や規則正しい生活によって自律神経を整えてあげる工夫も必要です。

当ページを参考に、さっそくお子さんの便秘対策をスタートしてみてください!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする