【子供の便秘に市販薬って大丈夫!?】薬局の便秘薬の種類と子供に利用できる商品を解説

ウチの子、もう3日以上もウンチが出てない…!苦しそうだから便秘薬を使ってあげたいけど市販の下剤って使ってもいいの?

便座で『うーんうーん』と頑張るものの、一向にウンチが出ずに苦しんでいる我が子をみると、便秘薬をつかってでもなんとかしたい!というのはママさんなら誰でも一緒。

ただ雑誌やネットの情報でも『子供に便秘薬(下剤)はダメ!』という意見も…。

そこで今回、数日間ウンチが出ないで不安なアナタにむけ

  1. 子供に便秘薬(下剤)は使ってもいいのか?
  2. もし使っても問題ないなら、市販の便秘薬は何がおすすめなのか?

この2つの疑問を解消していきたいと思います。

カイベン先生
便秘薬を頻繁につかうと便秘は慢性化するので基本はダメですが、状況によっては緊急措置として使うべきタイミングもあります!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

市販の便秘薬には子供が使っていい薬と使えない薬がある!

大人の便秘を解消するときの選択肢の1つである市販の便秘薬(下剤)を服用する方法。

便秘体質のママさんの場合、すでに自分用の便秘薬をもっている方もいるため、子供の治らない便秘をみるにみかねて

大人の半分くらい服用させればスルッとウンチが出やすくなるのでは?

こう考えるママさんも少なくないようです。

ただ結論からいうと『NG!』

絶対に自己判断で便秘薬を服用させないでください。そもそも市販の便秘薬の多くは年齢制限があり大半は子供の服用は認められていません。

仮に便秘薬を服用させれば、極端に効果がでてしまい

  • 激しい腹痛
  • 下痢と便秘を繰り返す

最悪は脱水症などの副作用を引き起こすことさえあり、非常に危険な行為といえるでしょう。

子供の便秘につかう前に知っておきたい市販の便秘薬2タイプ

『子供の便秘解消のために市販の便秘薬を使っていいのか?』

この部分を考える前に、まず市販の便秘薬について簡単に勉強しておきましょう。

まず市販の便秘薬は以下の2つ

  1. 大腸刺激系の便秘薬
  2. 水分保持系の便秘薬

腸を刺激してぜん動運動を活発にするタイプと腸内の水分量を増やして便を軟らかく出しやすくするタイプに大きく分かれます。

ウンチを出すという目的は同じですが『どこに働きかけるのか?』という部分、ウンチを出すための手段の違いです。

刺激系の便秘薬とは

小腸や大腸など消化器官に働きかけてウンチを出すタイプで、腸を直接刺激してウンチを出やすくするもの。

働きかける場所により、小腸刺激系と大腸刺激系の二種類があり、それぞれ小腸、大腸を直接刺激し、腸管のぜんどう運動を活発にします。

刺激系便秘薬の特長

  1. クセになりやすく乱用すると効果が薄れる
  2. 粘膜の炎症を起こすこともある

こういった点から刺激系の便秘薬は長期使用には不向きとえいます。

非刺激系(水分保持)の便秘薬とは

一方、非刺激系(水分保持系)の便秘薬は、主な目的が

『ウンチに直接に働きかけてウンチを柔らかくして出しやすくする』ため、刺激系にくらべて薬の効き方はマイルドで副作用が少ないです。

刺激系にくらべ子供の便秘解消に向いた便秘薬といえます。

非刺激系(水分保持系)の便秘薬の特長

  1. クセになりにくい
  2. 刺激性にくらべ即効性は低いが副作用は少ない

病院で子供の便秘解消として最初の選択肢がこちらの非刺激系の便秘薬なのです。

これって子供の便秘に使用可能?市販の便秘薬(下剤)比較

ドラッグストアの棚にはさまざまな便秘薬が並んでいますが、大部分は大人向けの便秘薬。

数多くの便秘薬の中でも子供の便秘に利用できる商品はごく一部という部分を覚えておいてください。

商品パッケージには服用可能な年齢についての記載があるはずですが不安な方はドラッグストアの店員に子供向けの便秘薬について相談してから購入してください。

参考までに有名な便秘薬が子供に利用できるのか?以下の一覧にまとめておきます。

便秘薬 タイプ  年齢制限
コーラック 刺激系 11歳未満は利用不可
タケダ漢方便秘薬 刺激系 5歳未満は利用不可
酸化マグネシウムE便秘薬 非刺激系 5歳未満は利用不可
イチヂク浣腸 刺激系 0歳時~利用可能

※便秘薬の種類でもお伝えしたように、小腸・大腸刺激系の便秘薬はクセになりやすく下痢や腹痛という副作用もあります。まずは非刺激系の便秘薬でウンチの水分量を増やすタイプから始めることをおすすめします。

まとめ

以上、子供の便秘解消の最終手段のひとつ、市販の便秘薬の種類、そして市販の便秘薬は子供の便秘に使う時の注意点を紹介しました。

ポイントとしては

  1. 市販の便秘薬の中でも子供の便秘に使用できるのはごく一部
  2. 絶対に使ってはいけない…というワケじゃないが、基本は便秘薬以外の解決策を試してみる

お子さんのウンチの状態を観察しつつ、この二点に注意してもらえたらと思います。

何より大切なのは、長期的に考えて便秘体質をしっかり改善させてあげること。その意味では便秘薬が習慣化するのは何一つメリットはありません。

便秘薬に慣れて自力でウンチを出す力が衰えてしまっては大変…ママさんにとって便秘薬は最後の最後の選択肢と考えておきましょう。

できれば便秘薬を使う状態までウンチを溜め込まないように、生活習慣や食生活を見直す。もし不足気味ならオリゴ糖や乳酸菌を取り入れてみる。また以下の便秘解消の7箇条も実践してみましょう!

こどもの便秘解消の7箇条
  1. 朝起きたらコップ一杯の水を飲む
  2. 必ず朝ごはんを食べる
  3. 食事のリズム(時間帯)を一定にする
  4. 朝朝のトイレはゆっくりと余裕をもって
  5. 体を動かして運動する
  6. たっぷりと眠る!夜更かしは厳禁
  7. お風呂の中でマッサージ

お子さんの便秘は今の生活習慣が原因になっていることがほとんどです。便秘薬やクリニック受診の前に、まず以下の7箇条を実践してみましょう!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする