腸内細菌のバランスを戻すことが子供の便秘解消のカギ!腸の働きを徹底解説

お子さんの便秘を治すためには、まず親であるアナタ自身が『子供の腸の働きや腸内細菌』について詳しくなることが近道。

そこで子供の便秘の話になると、かならず登場するのが善玉菌や悪玉菌といった腸内細菌。

なんとなく善玉菌が多い方がスルッとウンチが出て、悪玉菌が増えると便秘が悪化するような気がするけど…

そもそも善玉菌と悪玉菌て何が原因でバランスが崩れて、何をすれば元通りになるの?

もしかしたらご覧のアナタも、子供のウンチの出る仕組みについて、なんとなくあやふやな部分が多かったりしませんか?

そこで今回、当ページでは子供の便秘を改善するために必須となる

  • 腸内細菌の種類や働き
  • 腸内細菌のバランスを元通りにして便秘を治す方法

この2点について詳しく解説しています。お子さんの便秘の原因がおそらく腸内環境によるというママさんはしっかり目を通しておきましょう!

カイベン先生
ウンチの状態を観察すれば、ある程度の腸内細菌のバランスは予想できます。流す前に毎回、ウンチの状態をチェックしておこう!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

子供の便秘を改善するためにしておきたい腸の構造と働き

では早速、子供のウンチを作っている腸の構造について簡単に説明します。

大人の場合、小腸はおよそ7m程度、大腸は1.7m程度でなんとこの2つを合わせて表面積はテニスコート程度もあります。

小腸の働き

食事によって摂取した栄養分を消化酵素によって分解し栄養分を良い吸収するのが小腸の主な働きです。

大腸の働き

食べ物の残りの水分を吸収し、便を形成する…つまりウンチの形がつくるのが大腸の主な役割です。

小腸も大腸も食べ物と一緒に体内に侵入してしまったウイルスや細菌などを発見して病気が発症する前に攻撃するため、腸は人体最大の免疫器官とも言われています。

ウイルスや細菌から身を守る働きのあるリンパ球の約6割が小腸に集中していることからも、免疫力に直結する器官といえます。

腸内細菌てどんな種類があるの?

では続いて、小腸や大腸の内部の腸内細菌について考えてみましょう。腸の中には約500種類合計で100兆個といわれる腸内細菌が存在します。

そこで腸内に住む細菌を大きく分けると、以下の三つに分けることができます。

  1. 善玉菌
  2. 悪玉菌
  3. 日和見菌

善玉菌

有名なところで言えば、乳酸菌やビフィズス菌など。
乳酸菌に代表されるような善玉菌は食べ物を消化吸収し、体の免疫力をアップさせるのが主な特徴。

また善玉菌が多い状態だと腸内は酸性に保たれ、ウンチの状態は黄褐色や茶褐色の理想的な状態を維持できます。

悪玉菌

一方、腸の中をアルカリ性にして有害物質を作り出し、子供の便秘の原因に大きく影響しているのが、この悪玉菌です。

カチカチウンチ、コロコロウンチ、黒ずみやヒビ割れのあるソーセージの断面のようなウンチ、悪臭の酷いウンチは悪玉菌の仕業によるものです。

日和見菌

善玉菌と悪玉菌とちがい、この日和見菌は中立的な立場の細菌。

これ自体は良い影響も悪影響もありませんが、腸内環境によりどちらにも変化してしまいます。その他大勢という感じで有力な方に加勢する特徴があるため、悪玉菌が強い状態だと悪玉菌の見方をするため厄介です。

逆に善玉菌が多い状態では悪さもしないため、安全な腸内細菌といえばいえます。

腸内細菌のバランスはどれぐらいが理想的なの?

腸内細菌の理想的なバランスはハッキリしています。

スルッと毎日でるバナナウンチを保つために理想的な腸内細菌のバランスは…

  • 善玉菌⇒⇒⇒⇒⇒20%
  • 悪玉菌⇒⇒⇒⇒⇒10%
  • 日和見菌⇒⇒⇒⇒⇒70%

このバランスが理想的で、もっとも健康的なウンチがでやすい状態だといわれています。

言い換えれば、腸内細菌のバランスが微妙に崩れはじめ、悪玉菌が徐々に勢力を広げてしまえば、さらに日和見菌も加担して腸内細菌のバランスはさらに崩れて便秘のスパイラルは加速します。

その意味でも、初期の腸内細菌のバランスの崩れを察知して、早めに手を打っておくことが慢性的な子供の便秘改善のネックになるでしょう。

腸内細菌のバランスが崩れているか見分ける方法って?

ウチの子の腸内細菌のバランスってどうなってるんだろ?

こんな便秘体質のお子さんの腸内細菌のバランスが知りたい場合、もっとも簡単に見分ける方法といえるのが『ウンチの色やカタチ、ニオイ』などを観察する方法です。

カレーやチョコレートに近い黄褐色や茶褐色でバナナ状のウンチ、さらにニオイがきつくない状態は腸内細菌のバランスがとれた状態。

逆に黒っぽいウンチ、カチカチ・コロコロとウサギの糞のようなウンチ、強い悪臭があるウンチの場合は、腸内細菌のバランスが悪くなっていると考えてください。

腸内細菌のバランスは何によって左右されるの?

授乳期の赤ちゃんの腸内は善玉菌が圧倒的に優勢な状態ですがこれは母乳に含まれる成分が善玉菌を増殖させているためです。

腸内は母乳により、ほぼ悪玉菌が存在しない理想的な状態です。

しかし母乳から大人に近い食事に変わるにつれ、腸内細菌の数は大きくウェイトが変わり、悪玉菌がどんどん増加し始めます。

つまり食事が原因で大人と同じような便秘が起こるリスクが高まってくるわけです。

また大人と同じような偏った食生活や生活習慣、または幼稚園や学校などのストレスにより善玉菌が徐々に減り始め、悪玉菌が腸内を支配し始めます。

結果、悪玉菌に支配された腸内は正常に働くことができなくなり、理想的なかたそのウンチが作れなくなってきます。

コロコロウンチやカチカチウンチとなり、腸内に蓄積されてさらに便が排出されづらい状態を招き、便秘スパイラルに突入するのです。

善玉菌を増やす!腸内細菌のバランスを保つ効果的な方法

善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを戻すために効果のある方法は以下の二つ。

  1. ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する
  2. オリゴ糖や食物繊維を摂取する

もうちょっと詳しくみていきましょう!

ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取

1つ目はビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を口から直接摂取する方法です。

毎日の食事から善玉菌を継続して腸内に補充できるため、善玉菌を増やす方法としては非常に有効です。ただし継続してはじめて効果があるため、たまに摂取するのではなく少量ずつでも毎日続ける方が効果的です。

また善玉菌が生きている状態で腸に届く方が望ましいものの、

善玉菌は生きて大腸まで到達しないと意味が無いと言われますが、死んでしまっても善玉菌の体をつくる成分にも有効な生理機能が期待できますので、必ずしも生きて腸まで届く必要はありません。
出典 eヘルスネット

このように必ずしも生きたまま善玉菌を腸に届けなくともじゅうぶんに腸内細菌のバランス改善効果が期待できます。

オリゴ糖や食物繊維を摂取する

続いてはオリゴ糖や食物繊維を摂取する方法になります。

野菜類・果物類・豆類などに多く含まれているオリゴ糖や食物繊維は、消化・吸収されることなく大腸まで達し、オリゴ糖は善玉菌の栄養源となって増殖をサポートします。

http://xn--88jyb680nfea150druynlu.com/origotou/

どちらかといえば、新たな善玉菌を増やすというよりも、今の状態で腸内にいる善玉菌の好物を与えることで減らさない…維持する…という考えです。結果、悪玉菌が減れば善玉菌は増えたということ。

とくにオリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品に多く含まれます。

これらの食材を食事に取り入れるたりオリゴ糖製品をピンポイントで用いることで効率的に善玉菌を増やすことができるはずです。

まとめ

以上、お子さんの便秘体質の改善に知っておきたい腸内細菌の種類や腸内細菌のバランスについてお伝えしました。

どうですか?あやふやだった腸内細菌に関する疑問が解消されましたか?

大人なら自分の便秘も特定しやすく、原因にあった対策を試すことができますが、子供の場合はウンチを観察したりトイレでの子供の様子をチェックして親が見極める事が大切です。

『ウンチ=食べたものを出す』
という単純な問題ではありません。

日々、お子さんのウンチを観察し、便の量や色・形・臭いなどしっかりとチェックしていち早く腸内細菌のバランスの乱れを発見してあげることが便秘体質の改善につながるのです。

ぜひ当ページを参考に、お子さんの腸内細菌のバランスをもう一度見直してみてはどうでしょうか?

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする