【子供の便秘でお腹が硬い!】ウンチが溜まってお腹を触ると嫌がった場合の対処法

便秘が続いて子供のお腹が硬い!腹を触るといやがる…こんな時どうすればいい?

子供の便秘の多くは直腸性便秘とよばれる症状。直腸までウンチが下りてきているにもかかわらず、便意が起こらずに停滞してしまうのです。

そのため腸の中でもウンチの溜まりやすい場所にウンチが長時間停滞し、さわると硬く感じることがあります。押されると痛いので触られるのを嫌がるのも当然のことです。

そこで今回、ウンチが停滞して硬くなっているお子さんの溜まったウンチを出しやすくする方法を

  1. エクササイズ(マッサージ)
  2. 食生活の見直し

この2つの視点から詳しく説明しようと思います。

カイベン先生
ウンチを押し出すマッサージはグイグイ強くやれば効くものではありません。まずはお腹に触れないエクササイズから始めてみましょう!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

なぜお腹にウンチが溜まってしまうの?

便が直腸の中に到達すると、直腸の壁が伸びてその刺激で『ウンチを出したい!』、いわゆる便意が起こります。

ですが子供の場合、遊びに夢中になったり登校(登園)の準備などにより、便意を感じても後回しにしたり我慢してしまいます。

その結果、せっかく起こった便意をこらえていつまでも我慢していると、やがて便意がなくなります。

腸の感受性が低下すれば便意を感じなくなる…

では便意を感じたのにウンチを出さないと、子供のカラダはどうなっていくのでしょうか?

便意を感じたときにウンチを出さないでいると、直腸の壁は伸びた状態のままなので大脳へのサインも徐々に弱まってしまいます。

わかりやすく言うと、カラダは『ウンチを出す準備オッケー!』という合図を出し、ウンチを肛門から排出するカウントダウンが始まっているのにギリギリの段階で中止しているわけです。

こういった経験を繰り返すと、最終的には腸の感受性が低下して便意に鈍感になって、最後は便意を感じなくなります。

結果、行き場のないウンチは腸内に留まり、長時間にわたって残り続けるのです。腸内に停滞すればウンチは必要以上に水分を吸収されます。こうなればカチカチ、コロコロなウンチの出来上がりです。

硬く頑固なウンチが痛くてさらに出しづらく…便秘のスパイラル

このように、刺激に対する直腸の感受性が低下して直腸内に便が入っても便意が起こらなくなった結果、さらにウンチは溜まって硬くなり無理に出すことで肛門が切れて出血します。

すると子供の多くはウンチを出す痛みから、便意を感じても先送りにしてウンチを我慢するようになります。

その状態が続くとウンチが溜まったことを脳に知らせる知覚神経の感度も鈍くなり、ますますウンチがが出にくくなるのです。

お腹を触ると嫌がるこどものウンチを出す具体的な方法を考える

子供のお腹にウンチが溜め込まれてしまう理由を知ったところで、今後は具体的な解決策をご紹介します。

大きくわけて

  1. エクササイズ・マッサージ
  2. 食生活の見直し

この2本柱で進めてみるのがおすすめです。

腸に溜まったウンチを自然に出すためのマッサージ・エクササイズ

以下、お腹にウンチが溜まって触ると嫌がる子供にオススメのマッサージ・エクササイズを4つに絞って紹介します。

ペンギン運動

  1. 両腕を上体から少し浮かせペンギンの姿のように立つ
  2. その場でピョンピョン跳ねるのを10回を1セットで行う
アシカのポーズ

  1. うつぶせに寝て手を床につけてアシカのように状態を起こす。
  2. カラダを反らせて足を背中方向に上げて深呼吸します

上記の二つを試してみたけど効果が実感できない…という場合、以下のマッサージも即効性の高い方法です。

『の』の字マッサージ

  1. 重ねた両手を子供の右わき腹に当てる
  2. 右わき腹⇒あばら骨の下を通過して左わき腹⇒恥骨の上を通過して左わき腹へと『の』の字を描くように繰り返す

※強すぎると逆効果になるため、お子さんの様子をみながら気持ちいいレベルで軽くさすってあげましょう。

ウンチの場所を狙い撃ちマッサージ

  1. 右わき腹下(上行結腸の下)を軽く押す
  2. 左の肋骨の下(下行結腸の上)を軽く押す

※大腸の中でもウンチの溜まりやすい場所を刺激するため即効性の高いマッサージです。痛くない程度で軽く押してあげましょう。

ただどちらもお腹に触れて刺激を与える方法…ウンチの溜まり具合によっては軽く触っても痛がることもあるでしょう。

その場合は、ムリにお腹を擦ったり押したりすえる必要はありません。お腹に触れないエクササイズ中心で進めてみてください。

食生活の見直しで溜まったウンチを出す!

すでに大量のウンチが腸内に溜まっているお子さんの場合、『腸内細菌のバランスを整えて…』 という一般的な便秘対策の前に、まずはお腹に溜まったウンチを出すことが最優先。

お腹が張って苦しい…というだけじゃなく、毒素も排出できない上に、免疫力が低下して風邪や病気にかかりやすいカラダなってしまいます。

その場合に食生活の見直しで、ぜひ取り入れたいのが

  1. 水溶性食物繊維
  2. オリゴ糖

この二つの成分になります。

水溶性食物繊維

食物繊維には大きく2種類あり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。同じ食物繊維には違いありませんが、不溶性と水溶性ではその特徴は大きく変わります。

水溶性食物繊維 不溶性食物繊維
水に溶けてゲル状になる 水分を吸収して膨らむ
保水力が高いので食べるとウンチの中の水分が保たれて硬くなりにくくなる 腸の動きをよくしたいときには効果あり
豆類.きのこ類.海藻類に多い 野菜類.果実類に多い

どちらも便秘対策として有効な成分ですが、すでにウンチが体内で硬くなり出しにくいときは水溶性食物繊維がより効果的です。

水溶性食物繊維を豊富に含む食材・食品については、【えっ!食物繊維でウンチが硬くなる!?】子供の便秘を治したいなら摂るべき食物繊維の種類を解説で詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

オリゴ糖はウンチを包み込み、スルッと出やすく変えてくれる

食物繊維と同じくらい効果のあるものといえばオリゴ糖です。オリゴ糖の特徴は腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させる働き。

結果、腸内細菌のバランスが戻り、カチカチ・コロコロの出しづらいウンチをコーティングしてスルッと出やすくしてくれます。

以下の食材・食品に豊富に含まれているのでぜひ食生活の見直しに取り入れてみましょう。

オリゴ糖を含む食材一覧

オリゴ糖の種類 含む食品・食材
ビートオリゴ糖 ビート(甜菜)
フラクトオリゴ糖 タマネギ、アスパラガス、ゴボウ、にんにく、バナナ
ガラクトオリゴ糖 母乳、牛の初乳、ヨーグルト
キシロオリゴ糖 トウモロコシ、たけのこ
乳果オリゴ糖 砂糖を加えたヨーグルト
大豆オリゴ糖 大豆、その他マメ科の植物
イソマルトオリゴ糖 蜂蜜、味噌、醤油、清酒
コーヒー豆マンノオリゴ糖 コーヒー豆

オリゴ糖と一括りに呼ばれていますが、じつはオリゴ糖にもさまざまなタイプがあり効果も変わってきます。

どれか一種類だけじゃなく、バランスよくさまざまなオリゴ糖を摂取できるよう工夫してみましょう。

※毎日の献立でオリゴ糖を効率よく摂取するなら、市販のオリゴ糖製品をひとつ用意しておくのもおすすめです。

まとめ

今回、ウンチが腸に溜まって『触ると痛い、嫌がる』という子供の解決策として

  1. 外からマッサージ・エクササイズで出す方法
  2. 内側からウンチの状態を改善して出す方法

という二つの視点からまとめてみました。

お腹が張って苦しそうな様子をみていると、『どうにかして今すぐ出してあげたい!!』と思うものです。

ただ下剤や便秘薬をつかって強制的に排便させる習慣がつくと、長期的にみて便秘はさらに悪化をたどります。

今回のように、まずはマッサージ・エクササイズ、または食物繊維やオリゴ糖など自然な方法から試してみるのが正攻法です。

もしお腹が痛くてマッサージも辛い…という場合、入浴時に親子でお腹をマッサージしてみてください。

お腹も温められリラックスできる上、適度な水圧によりマッサージ効果も高まります。ぜひ当ページを参考に、お腹に溜まったウンチを一掃してみてください。

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする