【子供のウンチ毎日出るけど便秘かも?】ウンチがでてもスッキリしないときの対処法

毎日ちゃんとウンチが出ているのにお腹がぽっこり…
食欲もイマイチだし便秘なのかしら…?

と、子供がうんちを毎日出しているんだから便秘じゃない!なんて自信をもっているママさんはいませんか?

子供はコロコロウンチだろうと水っぽいウンチだろうとどんなウンチでも出ていれば、

ウンチ出た!

ですませてしまうものなんです。子供は大人と違って、自分のウンチの状態やお腹の具合を上手く伝えることができません。子供のウンチの状態を観察する習慣をつけましょう。

そこで今回、

  • ウンチが出ていても便秘ってどういうこと?
  • どういうウンチがいいの?
  • うんちをスッキリ出すためのポイント

この3点について詳しく解説していきたいと思います。当記事をふまえてお子さんのウンチをじっくり観察してみてください!

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

毎日うんちがでていても「便秘」ということも!

毎日うんちがでていても子供の様子が、

  • お腹がなんだかスッキリしてないような…
  • お腹が張っているような…
  • 機嫌があまり良くないような…
  • 食欲がないような…

など見られるようならば便秘の可能性が高いです。

でもなぜ、毎日うんちが出ているのに便秘になってしまうんでしょうか?

うんちは、消化しきれなかった食べ物、腸内細菌、腸の細胞、水分.塩分などからできていて、食べる量によりうんち量も変わります。食べた分に見合った量のうんちが出なければ、うんちは溜まってしまいます。

うんちが腸の中に長くいると、水分が吸収されて硬くなり、お尻から出にくくなってしまいます。新しいうんちがお尻の近くまで降りてきても、前のうんちが残っていると、そこにまた留まっていきます。

すると、また水分が吸収されて、うんちはどんどん溜まりそのうんちはお尻の穴を塞いでしまうので、ますます出にくくなるという悪循環へと…

この押し出される時にわずかなウンチが出てているだけなのです。

この溜まったうんちを出してあげないとすっきり感が出ないことになります。

理想的なウンチとは?

ウンチってどのくらいでればいいのかなぁ?なんてあまり考えたことがなかったですが、平均的な量が出ていますので参考まで。

1日のウンチ量の平均は100~200gぐらい。

これは食べるものの量や種類によって違ってはきますが、植物性の食物を多く食べる人では量が多く軟らかいウンチで、肉類を多く食べる人では乾燥した少ないウンチをするといわれています。

このウンチってなにでできてるの?
重さの2/3が水分。ほとんどウンチは水分でできていることになります。
残りの1/3は腸内細菌、セルロースや不消化物、胃や腸の分泌物や剥離した細胞からなります。

それではわかりやすくまとめてみたのでお子さんのうんちがこのようになればスッキリしてると思います。

健康なウンチとは・・・黄褐色のバナナ状または半練り状でにおいが少なく、するりと出るソフトなもの。

このようなウンチでないと、やはりお腹の中にウンチが溜まっている可能性があります。

うんちをスッキリ出すための3つのポイント

この3つのポイントはすぐに結果を出すことが目的ではなく、日々の生活に取り入れられるものを選んでいます。

日頃から少しずつ無理なく試してみるといいでしょう。

  • 水溶性食物繊維を積極的にとる
  • 便秘改善のエクササイズをコマメに行う
  • 規則正しい生活を心がける

それではさっそく、ひとつずつ説明していきますね。

水溶性食物繊維をとることでウンチを出しやすくする

食物繊維には大きく分けると、水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の2種類があります。

まず、水溶性食物繊維は海藻などに多く含まれる食物繊維。文字どおり水に溶ける食物繊維で、水に溶けるとドロドロのゲル状になる。保水力が高いので食べるとウンチの中の水分が保たれて硬くなりにくくなる。

一方、不溶性食物繊維は野菜に多く含まれる。水分を吸収してふくらむので、腸の動きをよくしたいときには効果があります。しかし摂取しすぎるとすでに溜まったウンチの水分が必要以上に腸壁に吸収されてしまい出にくくなることも…。

詳しくはこちらのページをみてもらうとわかりますよ!

【えっ!食物繊維でウンチが硬くなる!?】子供の便秘を治したいなら摂るべき食物繊維の種類を解説

この水溶性食物繊維ですが、さっそく今日からでも取り入れてほしいので、日常生活で摂取しやすい食材・食品から21種類ピックアップしてみました。

ゴボウ
水溶性·不溶性の食物繊維を含んでいるだけでなく、腸内環境を整える善玉菌のエサとなるオリゴ糖も豊富です。
押麦
押麦は非常に多くの水溶性食物繊維を含んでいます。ごはんに少し混ぜてみましょう。
玄米ごはん
精白米はほとんど0ですが、玄米ごはんにはそれほど多くないものの、水溶性食物繊維が含まれています。
オクラ
ねばねば食品の多くは水溶性食物繊維が豊富です。生よりも茹でて食べるほうが吸収率が高まります。
ココア
コーヒーや紅茶は0ですが、ココアは非常に多くの水溶性食物繊維を含んでいます。
インゲン豆
水溶性·不溶性どちらの食物繊維も含んでいるインゲン豆。豆類の中ではダントツの高含有率です。
バナナ
水溶性食物繊維の含有率は低いものの、一年中手に入り食べやすいのでお勧めの果物です。
アボカド
食物繊維が豊富に含まれているだけでなくウンチの滑りをよくする不飽和脂肪酸も多く含んでいます。
モロヘイヤ
ぬるぬるした粘りに水溶性食物繊維がたっぷり含まれています。栄養価も高く理想的な野菜。
切り干し大根
水分の多い大根を乾燥させると、少量で豊富な食物繊維を含んだ食材になります。
にんじん
水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、摂りきれない分はジュースとして飲んでもいいでしょう。
海藻
昆布やわかめ·あおさ·海苔·もずくなどの海藻類には、水溶性食物繊維がたっぷり入っています。
ナッツ類
ピスタチオやカシューナッツは、水溶性食物繊維だけでなく、ミネラルなども豊富に含むこどもに理想的なおやつ。
りんご
水溶性食物繊維を含んでいるだけでなく、同時にこどもの腸内環境を整える効果もあります。
サツマイモ
水溶性食物繊維が豊富な芋のひとつです。おやつにお菓子を食べるくらいなら、蒸かし芋や干し芋を食べましょう。
納豆
朝ごはんにオススメの納豆は、水溶性食物繊維だけでなく不溶性食物繊維も含まれているので腸内の掃除にも効果的。
里芋
水溶性食物繊を多く含むぬめりがある食品の代表格。里芋は芋類の中でも多くの食物繊維を含む食材です。
そば
パンやご飯、パスタなどの麺類にくらべ、ずっと多くの食物繊維を含んでいます。
和菓子
あんこの材料である小豆にも、水溶性食物繊維が含まれています。
なめこ
水溶性·不溶性どちらの食物繊維も多く含んでいます。なるべくぬめりを落とさないように食べるのがポイント。
プルーン
水溶性·不溶性どちらも同じくらい含んだバランスのよい食品です。ドライフルーツのプルーンでもじゅうぶんに効果的です。

これらの食材はすべて子供のウンチを柔らかく・出しやすくしてくれる水溶性食物繊維を含んだ食材です。ぜひ毎日の献立の参考にしてみてください!

マッサージ、エクササイズで腸を活発にする

ママさんとお子さんのスキンシップでもあるので、リラックスしながら行うとより効果的です。

『の』の字マッサージ

  1. 重ねた両手を子供の右わき腹に当てる
  2. 右わき腹⇒あばら骨の下を通過して左わき腹⇒恥骨の上を通過して左わき腹へと『の』の字を描くように繰り返す

※強すぎると逆効果になるため、お子さんの様子をみながら気持ちいいレベルで軽くさすってあげましょう。

ウンチの場所を狙い撃ちマッサージ

  1. 右わき腹下(上行結腸の下)を軽く押す
  2. 左の肋骨の下(下行結腸の上)を軽く押す

※大腸の中でもウンチの溜まりやすい場所を刺激するため即効性の高いマッサージです。痛くない程度で軽く押してあげましょう。

ペンギン運動

  1. 両腕を上体から少し浮かせペンギンの姿のように立つ
  2. その場でピョンピョン跳ねるのを10回を1セットで行う
アシカのポーズ

  1. うつぶせに寝て手を床につけてアシカのように状態を起こす。
  2. カラダを反らせて足を背中方向に上げて深呼吸します

規則正しい生活を心がける

いくら食物繊維をとったとしてもまた、マッサージ、エクササイズしたとしても、不規則な生活をしているなら効果は期待できません。

生活リズムがくずれていると、自律神経のバランスがうまく働かず腸がウンチを作れなくなってしまいます。

やはり早寝早起き朝ごはん…とあるように子供の生活リズムをくずさないように親の心がけが大事です。

まとめ

今回、毎日ウンチが出ているのにスッキリしない子供の便秘について説明させていただきました。

スッキリとすぐにでも出させたいならば、下剤や便秘薬などを使って強制的に排便させることができます。

ただそれが習慣となってしまうと便秘は改善されません!!

今回のように

  • 食物繊維をとりいれる
  • マッサージ・エクササイズ
  • 規則正しい生活

など自然な方法からスッキリさせられたら…と思います。まずはママさんがお子さんのウンチの状態、様子をしっかり観察することが大切なのです。

当記事がお子さんの便秘解消のお役に立てれば幸いです!!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする