【お風呂がこどもの便秘に効く!】入浴方法を見直してウンチの出やすい体質を目指す!

こどもの便秘対策にお風呂がいいみたいだけど、本当に毎日の入浴だけでウチの子の便秘が解消できるものなの?

このページをご覧になっているアナタは、お子さんの便秘をどうにか解消しようと【便秘に効く入浴方法】について調べていませんでしたか?

  • なぜ子供の便秘に入浴・お風呂が効果的なのか?
  • お子さんの便秘にもっとも効果のある入浴方法とは?

このページではこの2点を中心に、今日からすぐに始めることができる『入浴による便秘改善方法』を解説しています。

先に結論からいうと、入浴だけでウンチをするっと出すのは正直厳しいですが、他の便秘対策と並行して実践すれば、かなりの効果が期待できます。さっそく今日から試してみてください!

カイベン先生
毎日の入浴方法を見直すことが長期的な便秘体質の改善につながるのです!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

なぜ子供の便秘にお風呂(入浴)が効果的なの?

そもそも、なぜ入浴することが便秘解消に効果があるのでしょうか?まずこの部分について簡単にご説明いたします。

  1. カラダを温めるため
  2. リラックスして自律神経を整えるため
  3. 水圧によるマッサージ効果があるため

便秘解消効果としては主に上記の3項目が期待できます。以下、各項目を詳しくみていきましょう。

入浴により腸も温められる

カラダが冷え切ってしまうと、内臓…とくに腸の活動もどんどん鈍くなってきます。

腸が冷えて活動が鈍くなれば、腸内細菌の活動も低下して腸内環境もしだいに悪化し始めます。

これは冬場の屋外だけに限られる話でもありません。夏場で過剰にエアコンを効かせすぎている室内にいれば胃腸の働きは低下します。

また過剰に暖房を効かせた室内にいることで、必要以上に冷たい飲み物を飲み過ぎれば胃腸は冷やされ同じ状況に陥ります。

そんな冷え切った腸を効率よく温めるのが入浴なのです。

リラックス効果で自律神経を整える

『入浴=リラックス』という部分は納得できるけど、

なぜ『リラックス=便秘解消』なの?

もしかすると、この部分に疑問をもった人もいると思うのでご説明いたします。

じつは子供の便秘の原因の大半といえる、直腸性便秘と大きく関係しています。

本来、腸のぜん動運動と分節運動により、刺激が神経をつたって脳に届き排便反射を引き起こします。これがいわゆる便意です。またこれらの一連の神経伝達を司っているのが自律神経です。

ストレスなどで自律神経のバランスが崩れてしまうことで、直腸まで便が降りてきているのに便意を感じられない。結果、便が蓄積されて硬くなり痛みや出血をともなうことにつながります。

そこで入浴によるリラックス効果が有効なのです。

幼稚園や小学校・習い事などにより、どうしても昼間は交感神経が優位になりがちです。入浴時や睡眠時だけでもしっかり副交感神経が優位な状態をつくってあげることで自律神経のバランスが整えてあげましょう。

※後述しますが入浴時に正しい方法でお腹をマッサージすることで更に便秘解消効果を高めることができるのでおすすめです。

交感神経が優位だと便秘になりやすい!

自律神経には興奮や集中するときに優位な交感神経と、リラックス時に優位な副交感神経があり、便秘は交感神経が優位なときに起こりやすいのです。

水圧によるマッサージ効果

お風呂につかっている状態は、日常生活にくらべると遥かに大きな圧力が全身にかかります。

この水圧により、下半身が刺激され血行が促進され不要な老廃物・水分が排出されやすい状態になるだけでなく、腸の働きや心肺機能の働きにも良い効果が期待できます。

水圧により適度なマッサージ効果を受けることで腸のぜん動運動や分節運動も活発化され便意を催しやすくなるのです。

子供の便秘に効果的な入浴方法とは?

子供の便秘に入浴が有効という部分を知ってもらった上で、ここからは『もっとも効果的な入浴方法』についてご紹介していきます。

せっかくなら以下に目を通して、ポイントをおさえた入浴を心がけておきましょう!

  1. しっかり湯船につかる
  2. 温度はぬるめ(38度くらい)
  3. 腸マッサージをおこなう

子供の便秘改善を目的とした場合、最低限、上記の3つは意識して入浴するようにしてみてください。

しっかり湯船につかる

先ほどご説明したように、入浴によって自律神経のバランスを整えて副交感神経を優位に立たせてあげることが肝心です。

なのでパパッとシャワーで済ませず、しっかりと湯船につかってリラックスすることを意識して入浴してください。

腸を温めることで腸内を活発にするためにも、烏の行水ではなくゆっくりと湯船につかる習慣をつけておきましょう。

できれば入浴時間は20分以上を目安にしてみてください。

温度はぬるめ(38度くらい)

いくら腸を温めるのが目的とはいえ、熱めのお湯(40度以上)ではリラックスなどできません。

最悪、入浴前より交感神経が優位になれば、さらにウンチは出にくい状況になってしまいます。

『ちょっとぬるいかも?』という湯温に設定し、ときには入浴剤なども試してみるのも効果的です。

腸マッサージをおこなう

入浴による便秘改善をさらに高めるために、ぜひ親御さんに試してもらいたいのが腸マッサージです。

温められた腸に適度な刺激を与えることで、より腸管の運動が活発化します。ぬるめのお湯につかりながらスキンシップをかねて行ってみてください。

入浴時におこないたい腸マッサージ

  1. 下腹部の右下から骨盤に沿って上にあがる
  2. へそのやや右上から左脇腹に移動
  3. 左わき腹から骨盤の内側に沿って下がる。恥骨の上までいったら一周

入浴時、これを2~3周行いましょう。

まとめ

以上、こどもの便秘の解決手段の一つとして、ママさんに試してもらいたいお風呂の入り方のポイントをまとめてみました。

もう一度、簡単にポイントをまとめます。

  • ぬるめのお湯にじっくり20分を目安につかること
  • 浴槽の中でスキンシップをかねて腸マッサージを行うこと

何よりも大切なのは、幼稚園や学校で高まった交感神経を鎮めて副交感神経が優位な状態にシフトされるようにリラックスさせることです。

もちろん入浴方法だけでウンチがスルッと出るまでは難しいですが、食生活や生活習慣の見直しと並行して続ければかならず効果がでてきます。

ぜひ当ページを参考に、お子さんとの入浴方法を見直してみてくださいね!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする