【自律神経が子供の便秘を悪化!】食生活と生活習慣で治らない便秘はストレスを疑え!

バランスの良い食事にたっぷりの睡眠、日中は運動もしている…なのにウチの子の便秘が治らないのは何が原因なんだろう?

もしかしたらお子さんの慢性化する便秘体質の原因がみつからずに困っていませんでしたか?

ご存知のとおり、子供の便秘改善の最初のステップは『子供の便秘の原因を探ること』。

ただ便秘の原因はシンプルなケースもあれば、意外な事実が原因のことも…。意外と見落としがちな原因として『自律神経の乱れ』による便秘もあります。

そこで今回、自律神経の乱れと腸の働きの関係、さらに最終的にこどもの便秘にどう影響するのか?この部分について詳しく迫ってみました。

カイベン先生
とくに神経質なお子さん、感受性の高いお子さん、生活のリズムが乱れ気味のご家庭のママさんは必見ですよ!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

自律神経が乱れことで腸がうまく働かなくなる!

『子供の便秘の原因=腸内細菌のバランスの崩れ、または腸の働きが悪化』

お子さんがひどい便秘体質の場合、こんな風に腸内環境を疑ってみるママさんも多いのではないでしょうか。

事実、大部分の慢性的な便秘体質の子供の腸内細菌のバランスは崩れているし、上手く小腸や大腸が働いていないことも多いです。

ただ上記の原因ではない、まったく他の部分に原因があって便秘しているケースも意外と多く、その場合は腸内環境をいくら整えたところで根本的な解消は無理。

そんなパターンの代表的なものが『自律神経の乱れにより上手く排便ができない』こんなパターンです。

原因としては、学校や幼稚園など日常生活でのストレス、またはウンチが溜まってお腹がスッキリしないこと自体がストレスになっていることもあります。

また単純に睡眠不足によってリラックスできていないため、つねに交感神経が優位にたっていることもあります。

自律神経のバランスが乱れるとどうなるの?

そもそも自律神経のバランスが乱れるとはどういった状態なのでしょうか?

自律神経のバランス云々の前に、自律神経についてご存知ないママさんのために、簡単に自律神経について特徴や働きを説明しておきます。

私たちが抱えるストレスには大きく分けて、急性のストレスと慢性のストレスがあります。そしてストレスに関わる神経は自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は私たちの身体を戦闘状態にします。副交感神経は身体や心をリラックスさせます。

出典 eヘルスネット

このように子供でも大人でも、戦闘状態の交感神経が優位なタイミングとリラックス状態の副交感神経が優位な状態を繰り返すことで上手く自律神経のバランスを取りながら生活しています。

アクティブな時間帯は交感神経が優位な方が効率よく、入浴時・睡眠時には副交感神経が優位にたって酷使された自律神経を修復しているわけです。

つまり交感神経と副交感神経の入れ替わりが上手く行えない状態が、自律神経のバランスの崩れた状態です。

自律神経のバランスが乱れると何故ウンチが出なくなるの?

一見、自律神経のバランスが乱れることと、便秘体質なことは別物のように感じますが、じっさい自律神経のバランスが乱れることで子供の場合、いとも簡単に便秘は悪化します。

この事実からも、自律神経のバランスと便秘は密接な関係があるのです。

なぜ自律神経が乱れると子供が便秘になるのか?

では当ページの本題『子どもの自律神経が乱れるとなぜ便秘が悪化してしまうのか?』

今度はこの部分について考えていきましょう。

以下のイラストをご覧ください。

このように自律神経には交感神経と副交感神経という2つがあり、この2つの神経が交互に優位に立つような状態です。

交感神経とは幼稚園や小学校など日中活発に行動している際に優位に立つ神経で集中や緊張つかさどる神経といわれています。

一方、副交感神経とは就寝時や入浴時などまた、趣味に没頭している時間帯などリラックスしたタイミングで優位に立つ神経で交感神経により疲れた神経を休め修復させ回復させる働きを持ちます。

副交感神経が活発になるとよりウンチが出やすくなる

ちなみに腸の働きに大きく影響するのが後者の副交感神経で、副交感神経が活発になることで腸管が収縮してウンチを肛門にむかって押し出す力がアップします。

簡単にいうとリラックスした状態にほどウンチが出やすいのです。

逆に交感神経がMAXの状態。

交感神経ばかりが優位な状態が続くことで、胃腸の活動は今ひとつに…結果、蠕動運動が活発に行われないため、便意も感じにくくウンチのでにくい状態です。

副交感神経のピークは0時!このタイミングを逃すと理想のウンチができづらい!

また子どもの副交感神経のピークは午前0時のタイミング。

この時間帯にぐっすり熟睡してリラックスできているかによって、翌日排出されるウンチの質も大きく変わってきます。

夜更かしはもちろん、眠っていても質の悪い睡眠のため副交感神経が優位に立っていないければカチカチ・ウンチやゴロゴロ・ウンチの出来上がりです。

しっかりと入浴してリラックスし、早めに布団に入ることが良いウンチにつながります。

まとめ

今回、子供の便秘の中でも見落とされがちな原因の一つ…自律神経のバランスと腸の働きについて解説してみました。

大人とくらべストレスへの耐性の弱い子供の場合、ちょっとしたストレスや睡眠不足、不規則な生活なんかで自律神経はいとも簡単にバランスを崩します。

子供の便秘にとって毎日寝る時間がマチマチな生活は緊張とリラックスのメリハリがつかない、いわば自律神経が不安定な生活習慣です。

毎日の入浴方法を工夫、できるだけ毎日同じ時間に布団に入るといった規則的な習慣を身につけることが便秘改善の近道といえるでしょう。

食生活の見直しを続けてみたものの、どうしてもお子さんの便秘が改善されない…こんな場合、当ページでお伝えした自律神経のパターンも疑って、生活習慣を見直してウンチの変化を観察してみてください。

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする