【朝食ぬきが子供の便秘を悪化!?】朝ごはんと子供のウンチの意外な関係

ウチの子、朝寝坊して朝食を食べないことが多いんだけど、もしかして頑固な便秘と関係あるのかな?

子供の便秘対策にも食生活の見直しや運動不足の解消などいろいろな方法がありますが、意外と便秘に大きく影響するのが毎日の朝食です。

昼食や夕食にくらべ、1日の食事の中でも腸の働きをもっとも左右するのが朝食で、朝食を摂らない子供は便秘になる確率が高いのもハッキリしています。

そこで今回、当ページではこどもの便秘と朝食の関係について詳しく解説したいと思います。便秘がちで朝食もとったりとらなかったりというご家庭のママさん必見ですよ。

カイベン先生
お腹が張って朝ごはんが食べられない…という場合、もしかすると朝食を抜いていることが便秘の原因になっているかもしれません!
慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

朝食をとらない子供が便秘になりやすい理由

『朝ごはんを食べない子供は便秘になりやすい』

そう言われるにはハッキリとした理由があります。以下、朝食をとらないとなぜ子供の便秘につながるのか…この部分からお伝えします。

子供の便秘と朝食の意外な関係とは?

そもそも内臓や血液の流れは自律神経によって活動しているものの、睡眠時は口から飲食物が入ってこないため、胃腸は最低限の活動を行うものの休止状態に近いのです。

つまり起床して最初の食事は、胃腸にとっては休み明けの刺激を受けやすいタイミングなのです。

朝食をとってから排便までの流れをイラストにしたので、以下をご覧ください。

このように空っぽだった胃腸に朝食が入ってくることにより、仕事開始の合図となり、休んでいた腸の蠕動運動が活発になります。

そして蠕動運動が行われた結果、胃・結腸反射が起こり、便は大腸へと進み、肛門へ押し出されることになります。

つまり朝食を抜いてしまうと、朝一番のこういったサイクル全てが行われません。せっかくの排便のチャンスを逃してしまっている…といえるでしょう。

朝食をとらない子供が増えている!

文部科学省「全国学力・学習状況調査」の調べによると、毎日必ず朝食をとると小学3年生だと84%、6年生になると88%…約1割強の子供が朝食を摂らないことがあるという結果がでています。

また全体の流れとしても、『ほとんど朝食を取らない』と答える子供が年々増加傾向にあるようです。

朝食を抜きだと便秘になりやすいもう一つの理由

上記の朝食を抜くことで『空っぽの胃に食べ物が入ることで起こる蠕動運動による胃・結腸反射のチャンスを逃す』というのも大きな理由ですが、じつは他の理由もあります。

昼食や夕食をたっぷり食べたところで、朝食を抜いてしまうと1日の食事量全体も減ってきます。トータルの食事量が減るということは、本来とるべきだった食物繊維の摂取量も減るということです。

つまり朝食を摂らないことは

  • 大事な排便のサイクルを逃す
  • 食物繊維の不足により硬く出しにくいウンチにつながる

このダブルパンチで便秘を悪化させてしまうのです。

カチカチウンチ、コロコロウンチのお子さんで朝食を摂る習慣の無いご家庭の場合、明日からでも確実に朝食を摂るように努力してみてください。(最悪はお水。飲み物だけでもたっぷり摂っておきましょう)

http://xn--88jyb680nfea150druynlu.com/water/

食物繊維が不足するとどうなる?

腸の内部で毒素をしっかりとキャッチし、ウンチのかさを増すことでより便を排出しやすくする食物繊維。食物繊維をたっぷりとることにより悪玉菌の活動が抑制され善玉菌が増殖されます。

食物繊維の特徴

特徴 主なはたらき
保水性 便を柔らかくし、便のかさを増やす
粘性 水に溶けることでゲル状になり腸管をゆっくりと移動できるようになる
吸着性 コレステロールや食べ物に含まれる有害物質を吸着し、便と一緒に排泄できる
発酵性 大腸内の善玉菌によって分解・発酵されるため大腸の中を酸性に保つ

結果、腸内細菌のバランスが適正化され免疫力がアップします。ウンチが出やすい状態になるだけでなく風邪をひきにくく病気にかかりにくい体質にかわります。

まとめ

いかがでしたか?

せっかく野菜・フルーツたっぷりで食物繊維を気にした食生活を送っていても、肝心な朝食抜きの毎日ではなかなか便秘改善は厳しい道のり…ということがお分かりいただけましたか?

朝食は『お昼までお腹が空かないために食べるもの』ではなく

  • 空っぽの胃腸に刺激を与え、1日の中でもウンチを促進できる貴重なチャンス
  • 食物繊維のトータルの摂取量の面でも外せないチャンス

もし子供の便秘を解消したいなら、このように朝食に対する考え方をもう一度見直してみてください。

コロコロウンチやカチカチウンチで悩んでいたお子さんが、毎朝きちんと朝食を摂るようにあ生活習慣をかえたら嘘のようにスルッとバナナウンチが出るようなった!!

こんな話、いくらでもあります。単なる朝ごはんを規則的に食べることが、けっこう侮れない便秘対策だったりします。

当サイトでは、子供の便秘に有効な食生活の見直しについても個別ページで解説しています。ぜひ他のページも参考に朝食の見直しから始めてみてください!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする