【子供がトイレでウンチを上手く出せない!】便秘気味で硬いウンチを出すときの力み方のポイント

ウチの子、おしっこはトイレでできるようになったけど、ウンチを上手く出せない…どうやって力み方を教えればいいの?

もしかすると、お子さんがトイレで上手くに力めずにウンチが出せず、なにかよい解決策がないかなぁと探していませんでしたか?

3~4歳くらいのお子さんの中にはこういった『ウンチを出すときの力み方のコツが掴めない』子供は意外と少なくありません。とはいえ、まわりの同年代のお子さんが上手くできていると不安になりますよね?

当ページでは、そんなトイレでウンチを出せない子供のママさんにむけ、『排便時の力み方のコツ』を解説しています。

結論からいうと、子供の排便時の力み方にはポイントがあって、幾つかのポイントをおさえれば嘘のようにスルッとでることも多いです。

ぜひ当ページを参考に溜まったウンチをトイレで出してみてください。

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

ウンチを出す時の力み方のポイントは腹圧を上げる!

便秘体質でカチカチ・ウンチやコロコロ・ウンチのお子さんの場合、肛門を通過するときにかなりの腹圧※が必要とされます。

腹圧とは?

出産の際,子宮口は子宮筋の収縮によって開くが,その後,胎児を母体外に押出すためには,子宮の収縮力のほかに,母親がいきむことによって腹圧を加えなければならない。この場合は,横隔膜,腹直筋,骨盤底筋群が収縮するので,これらの筋肉によって囲まれた空間 (腹腔) の内圧が高くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

また大人にくらべ、こどもは腹筋も、ウンチを排出するために必要な肛門括約筋も未発達な段階です。そのため上手く力むことができないのは当然の結果なんですね。

そこでお子さんのウンチを出すのを左右しているのが、トイレに座る姿勢や呼吸法といったもの。ちょっとした工夫で思いの外、力みやすく、ウンチを出しやすくしてあげることは可能です。

そこで次章では『ウンチを出すための力み方の3つのコツ』をお伝えします。

ウンチが出ない子供にオススメのトイレでの力み方

腹筋や肛門括約筋が未発達の子供にとって、上手くウンチを出せるかどうかは、『上手に腹圧を高めることができるかどうか?』がポイントになってきます。

ウンチを出すには不十分な腹筋を補う意味で、腹圧を高めて擬似的に力んでいる状態を作り出してあげるのです。

ポイントは3つ

  1. 便座に座って、上半身を少し前に倒して前傾姿勢をとります
  2. 手をお腹に当てる(手を当てることでお腹に意識を向かせて力を入れやすくする)
  3. 『うーん、うーん』としっかり声に出して繰り返す

上半身を少し前に倒して前傾姿勢

便座にすわって脚を曲げた状態での前傾姿勢。じつは腸から肛門に送り出す部分が刺激さ
れウンチがストレス無くが出る理想的な姿勢なんです。

ちなみに洋式便座よりも和式便座の方が自然とこの体勢をつくれるため、力み方のコツが掴めないお子さんにはオススメだったりします。ぜひ和式トイレを利用できる際はご利用ください。

手をお腹に当てることで意識を集中

3~4歳のお子さんの場合、腹筋が未発達な上に一点に意識を集中させることも慣れていません。ピンポイントでお腹や肛門付近の筋肉をつかうトレーニングもできていません。

なので意識を集中させるためにも『お腹に手を当てる』ことが肝心になります。意識が集中すれば腹筋にも力がはいり腹圧も高めやすいです。

『うーん、うーん』としっかり声に出す

これは腹圧を高めてウンチを出しやすい状態をつくるために必要な、

  • 呼吸法
  • 力むリズムをつくる(ウンチをだすタイミング)

のために非常に有効な方法。

できれば『うー』でお腹に力をためて、『ん!』のタイミングで開放するというリズムが理想的。ぜひお試しください。

その時、「うーん,うーん」と言いながら、上半身を左右に揺らしたり、上半身を前に倒したりなどいろいろ動かすのも効果的です。

まとめ

以上、便秘がちなお子さんで『力み方のコツが掴めずトイレでウンチが出ない』場合の対策と、力み方の3つのポイントを説明しました。

ポイントは『前傾で座る』、『お腹を触って意識を集中させる』、『腹圧を高めるために声をだす』の3つ。たったこれだけでスルッとでるパターンもあるのでお試しください。

ウチの長男もカチカチ・ウンチのせいもあって、なかなかトイレでウンチがだせず30分~、長い時は1時間近くも便座に座っていましたが、今回ご紹介した方法を地道に繰り返すことでなんとかスルッとでるようになりました。(今ではあれは何だったの??というほど快便です…)

たいていのお子さんは、何度か上手くウンチを出すことに成功するとコツを掴み、トイレに自信もついてきますのでご安心ください。

また心を鬼にして強行手段でウンチを出させる気持ちも大切ですが、無理強いしてトイレそのものがトラウマになれば長い目で見て子供のよくありません。

もしかするとトイレでウンチがなかなか出せないお子さんにイライラした対応をしていませんか。もしかするとそんなママさんの態度がよりウンチを出しづらくしているかもしれません。

こちらのページ、【自律神経が子供の便秘を悪化!】食生活と生活習慣で治らない便秘はストレスを疑え!でもあるようにウンチはリラックスした状態がもっとも出やすい状態です。ママさんもイライラせずのんびり構えて、なるべく無理のないレベルで頑張ってみましょう!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする