【オリゴ糖ってこどもの便秘に効果ある!?!】オリゴ糖をふくむ食材と効果のあるオリゴ糖の摂取方法まとめ

子供の便秘対策にオリゴ糖って有名だけど、あれって本当に効果あるのかな?

子供の便秘対策の話になると、雑誌やインターネットでもかならず登場するオリゴ糖。

もしかしてアナタもお子さんの便秘改善のために、オリゴ糖ってどうなのかな…と情報を集めていませんでしたか?

そこで今回、当ページでは子供の便秘対策にオリゴ糖を摂取すると

  • 本当に子供の便秘改善効果があるのか?
  • オリゴ糖を摂るとなぜ子供のウンチを出やすくなるのか?

この2つの部分について話していこうかと思います。オリゴ糖が気になるママさん必見ですよ。

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

そもそもオリゴ糖ってどんなものなの?

さてオリゴ糖とはどんな成分でどんな食材に含まれているのでしょうか?
この部分から簡単に説明しておきます。

厚生労働省によるとオリゴ糖とは

糖質のうち、最小単位である単糖が2個から10個程度結びついたもので、少糖とも言う。
低消化性(低エネルギー)で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用などが知られている。

砂糖を原料に酵素を作用させて作られるフラクトオリゴ糖や、大豆から天然成分を抽出・分離させた大豆オリゴ糖、乳糖にβ-ガラクトシダーゼを作用させたガラクトオリゴ糖などが代表的です。ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌の栄養源となってそれらを増やす効果があり、特定保健用食品として認められています。
出典 eヘルスネット

このように定義されています。

ポイントをまとめると、

  1. ブドウ糖などが2から10個程度結びついたもの
  2. 分解されずに大腸まで届き腸内細菌の中でも重要な善玉菌のエサとなる

この2つがオリゴ糖の特長で、腸に与える働きといえます。

腸内細菌のバランスを整えるのがオリゴ糖の大切な仕事

子供の口から摂取されたオリゴ糖は、大腸にたどり着くと善玉菌であるビフィズス菌のエサとなり食べられます。

腸内細菌には善玉菌のほかに悪玉菌や日和見菌などもいますが、オリゴ糖が好物の善玉菌にたいし、オリゴ糖を餌とする善玉菌が出す酸が苦手な悪玉菌は結果としてオリゴ糖により減少または死滅します。

カイベン先生
オリゴ糖により善玉菌は増加し悪玉菌は減少し、腸内がアルカリ性→酸性にかわることで腸内環境が整い便秘を改善するのです!

オリゴ糖ってどんな食べ物に含まれているの?

オリゴ糖というと、甘味料や便秘対策サプリメント等をイメージされる方も多いですが、実は私たちが普段から食べている食材や食品にも普通に含まれています。

たとえば以下の表をご覧ください。

オリゴ糖を含む食材一覧

オリゴ糖の種類 含む食品・食材
ビートオリゴ糖 ビート(甜菜)
フラクトオリゴ糖 タマネギ、アスパラガス、ゴボウ、にんにく、バナナ
ガラクトオリゴ糖 母乳、牛の初乳、ヨーグルト
キシロオリゴ糖 トウモロコシ、たけのこ
乳果オリゴ糖 砂糖を加えたヨーグルト
大豆オリゴ糖 大豆、その他マメ科の植物
イソマルトオリゴ糖 蜂蜜、味噌、醤油、清酒
コーヒー豆マンノオリゴ糖 コーヒー豆

このように、さまざまな食材にもオリゴ糖は様々な形で含まれています。本来、これらの食材をまんべんなく摂取し自然にオリゴ糖を取るのがお勧めです。

ただ食材や食品にふくまれるオリゴ糖は種類が豊富な反面、含有量が少ないためじっさいに食材や食品からだけでオリゴ糖を摂取するのは限界があるのも事実です。

そこで食生活だけでじゅうぶんに摂取しきれないオリゴ糖を、市販の甘味料などで必要な分を料理に取り入れてみる方法がおすすめです。

オリゴ糖を摂取するときの注意点とは?

日常生活で食品や食材からオリゴ糖をとる場合、あまり摂取量を気にする必要はありません。

ただ市販のオリゴ糖製品によってオリゴ糖をとる場合は、摂取量・摂取方法にちょっとだけ注意が必要です。

市販されているオリゴ糖製品の有効摂取量は、一日あたり約2~10グラムですが

オリゴ糖を急に摂取すると下痢を起こしたり、おながか張ったりすることがあります。このような場合には1回の量を2~3回に分けて摂取する、または1日あたりの摂取量を減らして数日間かけてもとの摂取量に戻すという方法があります。
出典 eヘルスネット

このように、子供の腸がオリゴ糖に驚いて拒絶反応を示すパターンもあるため、腸内細菌の「慣れ」を考えながら摂取することがポイントになってきます。

まずはオリゴ糖製品に記載されている摂取量より少ない量からスタートし、腸内細菌が慣れてきたのを確認してから徐々に摂取量を増やしていくことが肝心なのです。

効率よくオリゴ糖を摂取するには?

食品や食材にふくまれるオリゴ糖の一覧をご覧になって、

こんなに沢山の食品や食材をバランスよく摂取するなんて無理!!

こう感じたママさんは、効率よくオリゴ糖を摂取するためにも、何かひとつ市販のオリゴ糖製品を用意されることをいおすすめします。

オリゴ糖製品選びの2つのポイント

せっかくなので当サイトが考える、市販のオリゴ糖製品選びのコツ・ポイントを2つに絞ってお伝えします。

オリゴ糖選びのコツとしては

  • さまざまな種類のオリゴ糖が含まれていること
  • 不要な添加物を含んでいないこと

この2点に注意して、継続できるお値段や入手性の良さなども考慮して選んでみてください。

市販の安価なオリゴ糖の場合、価格や入手性が高いものの、オリゴ糖の種類が1種だったり、好ましくない添加物を含んでいることもあります。

価格だけで選ばず、しっかり含有するオリゴ糖の種類にも注目してください。

当ページでも、これらの条件を見事にクリアしたオリゴ糖製品を以下のページで紹介してますのでオリゴ糖選びの参考にしてみて下さい。

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

まとめ

今回、子供の便秘対策のひとつとして知っておきたい『オリゴ糖の効果』と『効率よくオリゴ糖を摂取する方法』についてお伝えしました。

いかがでしたでしょうか?オリゴ糖に関する疑問や不安は解消されましたでしょうか?

大人とちがって子供はウンチの状態を的確に伝えることもできませんし、便秘による他の症状を自覚できていないこともあります。

オリゴ糖製品を用いる場合も、ただ単純に食事に取り入れるだけで満足せず、かならずウンチの状態の変化を観察するようにしましょう。

また毎日の献立でオリゴ糖を確保するのは思っているより大変なこと。
善玉菌の種類によりこの部オリゴ糖も変わるため、1種類だけでなく様々なオリゴ糖をまんべんなく摂ろうと思えば、かなりの品目のおかずを用意することになります。

もし日常生活で十分に数多くのオリゴ糖を摂取できない場合、無理せず市販のオリゴ糖を取り入れてみるみるのも良いと思います。

ぜひ当ページを参考にお子さんの便秘対策にオリゴ糖を取り入れてみて下さい!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする