【カイテキオリゴ体験談】ウチの子供がカイテキオリゴを続けた実感と感想

ウチの長男の便秘に効果のあったカイテキオリゴはこんな商品でした。いろいろ試してみたけど子供の便秘が一向に解消されない…という方は、とりあえず1ヶ月だけでもオリゴ糖を続けてみることをおすすめします。
ちなみに何種類かオリゴ糖関連の商品があるようでしたが、正直どれでも便秘に効いてくれれば良かったので、単純に1番売れている商品ということでカイテキオリゴという商品を選んでみました。
※どんな商品か気になる方もいるかと思いますので前回ウチに届いたカイテキオリゴをサンプルにご説明しています。

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

【カイテキオリゴ体験談】

すぐに届きました

こんな感じで注文してから3日程度で配達されていました。
本品と一緒に結構ボリュームのあるカイテキオリゴ読本という特典入っています。
これ、ちょっとした便秘解消の書籍よりもためになりますよ、ホント!

オリゴ糖がなんで子供の便秘に効果があるのか?
ウンチのチェックの方法は?オリゴ糖を使った体験談やおすすめのカイテキオリゴをつかったレシピなど盛りだくさんの内容です。

なんだか効きそう…?って期待しちゃいますね。

次回以降の購入時に割引してもらえる定期コースの申込書もしっかりと…。
もしウチの長男みたく効果が実感できたら継続してみる価値はありますからね。

中身はこんな感じですね そのまま舐めてみるとほんのり甘いお砂糖みたいな感じです。
ヨーグルトやジュース、ココアなどに混ぜても自然に摂取できます。
試していませんがお味噌汁なんかもオススメらしいですね。

ちなみにウチの定番はこれ、ヨーグルトか野菜ジュースに混ぜて飲ませていました。

カイテキオリゴ自体はほんのり甘い程度で味はありません。
けど、お薬とかに敏感なお子さん(ウチも敏感で、すぐバレます…)だったら、プレーンよりもイチゴとかブルーベリーとかの味のあるヨーグルトがベストですね。

ウンチをスルッとだすには水分の摂取もポイントなんですよ!
食物繊維たっぷりの野菜ジュースでオリゴ糖だと効果も強い…気がします…。

カイテキオリゴを使い始めてから現在までの経過

使用開始~1ヶ月目

ウチの長男の場合は飲み始めてkらほとんど1ヶ月くらいは、それほど効果がでなかったようでした…。

便座に座って30分以上ウンチがでないことが頻繁に…。

しかし公式サイトにも「まずは1ヶ月~2ヶ月使用してみて」とあったし、せっかく購入したのだからと諦めずに毎日使用してみることに。

1か月目~3ヶ月目

約1か月後くらいから、徐々にウンチの出る回数が増えてきた気が…。4日に1回から3日に1回くらいに。
続けてて良かったぁ~。この時期にはウンチもゴツゴツした感じからツルンとした感じに変化。
便座に座っている時間が短くなってくる…。

3ヶ月目~現在

最終的にはウンチの回数が2日に1回程度に落ち着いてくる。今では自分からすすんでウンチに行っています。
最近では、たまにウンチがたまってるな…と感じたときにカイテキオリゴを混ぜています。
基本的に1度、腸内環境が整ってくるとウンチの質が変わってくるので、そうそう便秘にならないようですね。

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする