【えっ!食物繊維でウンチが硬くなる!?】子供の便秘を治したいなら摂るべき食物繊維の種類を解説

食物繊維をとりすぎると子供のウンチが硬くなるって聞いたんだけど、だとしたら食物繊維を控えた方がいいの?

このページを読んでいるアナタは、子供のウンチを出そうと食物繊維たっぷりの食事を調べていたら、こういった噂を耳にして心配で調べていませんでしたか?

そんなママさんのために今回、

  1. 食物繊維なのにウンチが硬くなるなんてあり得るのか?
  2. 食物繊維の中でも子供のウンチを出やすくする種類のものって何?
  3. 結局、こどもの便秘解消に食物繊維はおすすめなのか?

この3つについて詳しく解説していきます。結論からいうと、食物繊維には種類があって便秘改善が目的なら目的に合った食物繊維を摂らなければダメです。

食生活の見直しからウンチを出やすくしようというママさんはぜひ最後まで目を通しておいてください。

慌てず食生活の見直しから!

今すぐ便秘を解消する以上に大切なのは、無理なく自然にウンチが出やすい腸内をつくること!
便秘しにくい腸内環境こそ、便秘解消の近道なのです。

▼▼食生活を見直してみませんか?▼▼

通販でもっとも売れてるオリゴ糖

食物繊維を摂り過ぎるとウンチが硬くなり便秘が悪化するのは真実だった!

ウンチのかさを増し、スルッと出しやすくする効果のある『食物繊維』。子供の便秘対策の中でも定番中の定番です。

ですが、こどもの便秘対策について調べていると

食物繊維を増やしたら子供のウンチが硬くなってしまった!

こういった意見、チラホラ見受けられます。お子さんのウンチを出そうと食物繊維を増やしたつもりが、逆にウンチが硬く、便秘を悪化させてしまっては大変ですよね。

ちなみに結論から先にいうと、

『食物繊維の種類・量を誤って摂ればウンチを硬くしてしまう可能性もじゅうぶんにありえる!』

当サイトはこう考えています。もしお子さんの便秘体質を食物繊維によって改善しようと思っている方は、食物繊維の種類や量について以下に目を通して勉強しておいた方がいいでしょう。

子供のウンチを出すなら知っておきたい水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

まずは食物繊維の種類について説明させてください。

巷では『食物繊維』と一括りで呼ばれていますが、じつは食物繊維の中にも種類があり、大きく分けると

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

に分けることができます。水溶性と不溶性という言葉でイメージできるかと思いますが、水溶性食物繊維とは体内で水に溶ける食物繊維。

一方、不溶性食物繊維は水に溶けないのが特徴。体内に摂取されるものの、溶けないのでそのまま身体の外へ出てきます。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は海藻などに多く含まれる食物繊維。文字どおり水に溶ける食物繊維で、水に溶けるとドロドロのゲル状になる。保水力が高いので食べるとウンチの中の水分が保たれて硬くなりにくくなる。

不溶性食物繊維

野菜に多く含まれる。水分を吸収してふくらむので、腸の動きをよくしたいときには効果があります。しかし摂取しすぎるとすでに溜まったウンチの水分が必要以上に腸壁に吸収されてしまい出にくくなることも…。

食物繊維の影響でウンチが硬くなる子供がいる噂は真実!

では冒頭でお伝えした、『食物繊維によって子供の便秘が悪化』してしまう理由について解説します。

食物繊維によって子供のウンチが硬くなり便秘が悪化するパターンの大部分は上記の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のうち、不溶性食物繊維だけを多量に摂り過ぎてしまったため。

そもそも子供の便秘の大半は、ウンチを押し出す力が足りない『直腸肛門型』です。

直腸や肛門の『ウンチを出そう!』というセンサー、ウンチを出す瞬間に必要な腹筋や肛門括約筋が未発達なのが大きな理由です。

大人の便秘とこどもの便秘の違いを理解しよう

腸の働きがイマイチで便秘になる直腸ぜん動不全型とよばれる大人の便秘と子供の便秘は、そもそも原因が違います。子供の便秘の場合、とりあえずはウンチに適度な水分を保持させて出しやすくするのが効果的なのです。

それを無視して不溶性食物繊維ばかり摂取させてしまえば、ウンチの状態は改善されないにもかかわらず、腸はどんどん活発になり直腸~肛門あたりで交通渋滞のような状態になります。

出口が詰まった状態なのに上からどんどんウンチが製造されることで、さらに悪循環でウンチが出にくい状態に悪化してしまうのです。

まずは水溶性食物繊維メインで!オススメの食材一覧

大人の便秘の場合、不溶性食物繊維を中心にとることで腸の働きが正常化してウンチが出やすい状態になるパターンもありますが、子供の便秘の場合、まず当面は水溶性食物繊維をメインに摂取。

もちろん不溶性食物繊維が不要ということじゃありませんが、

理想的な便の状態
  • ウンチの色はカレーやチョコレートのような黄褐色か茶褐色
  • 一回のウンチの量はバナナに3本程度
  • ウンチの硬さは固すぎず柔らかすぎないペースト状の歯磨き程度の硬さ
  • ウンチの回数は1日1~2回
  • ニオイは多少臭いが悪臭でもなく許容範囲

このように、ある程度ウンチの状態が理想のウンチに近づいてから徐々に摂るくらいの気持ちでいいでしょう。

水溶性食物繊維を摂るならこの食材!

子供のウンチの状態を出しやすくするため、今日からとっておきたい水溶性食物繊維ですが、

水溶性食物繊維ってどんな食材・食品に含まれているの?

こんなアナタにかわって当サイト管理人が調べておきました。中でも日常生活で摂取しやすい食材・食品からピックアップしてみました。

カイベン先生
以下の21種の食材はウンチの状態を改善するだけじゃなく栄養価も高いので子供の成長にとってもオススメします!
ゴボウ
水溶性·不溶性の食物繊維を含んでいるだけでなく、腸内環境を整える善玉菌のエサとなるオリゴ糖も豊富です。
押麦
押麦は非常に多くの水溶性食物繊維を含んでいます。ごはんに少し混ぜてみましょう。
玄米ごはん
精白米はほとんど0ですが、玄米ごはんにはそれほど多くないものの、水溶性食物繊維が含まれています。
オクラ
ねばねば食品の多くは水溶性食物繊維が豊富です。生よりも茹でて食べるほうが吸収率が高まります。
ココア
コーヒーや紅茶は0ですが、ココアは非常に多くの水溶性食物繊維を含んでいます。
インゲン豆
水溶性·不溶性どちらの食物繊維も含んでいるインゲン豆。豆類の中ではダントツの高含有率です。
バナナ
水溶性食物繊維の含有率は低いものの、一年中手に入り食べやすいのでお勧めの果物です。
アボカド
食物繊維が豊富に含まれているだけでなくウンチの滑りをよくする不飽和脂肪酸も多く含んでいます。
モロヘイヤ
ぬるぬるした粘りに水溶性食物繊維がたっぷり含まれています。栄養価も高く理想的な野菜。
切り干し大根
水分の多い大根を乾燥させると、少量で豊富な食物繊維を含んだ食材になります。
にんじん
水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、摂りきれない分はジュースとして飲んでもいいでしょう。
海藻
昆布やわかめ·あおさ·海苔·もずくなどの海藻類には、水溶性食物繊維がたっぷり入っています。
ナッツ類
ピスタチオやカシューナッツは、水溶性食物繊維だけでなく、ミネラルなども豊富に含むこどもに理想的なおやつ。
りんご
水溶性食物繊維を含んでいるだけでなく、同時にこどもの腸内環境を整える効果もあります。
サツマイモ
水溶性食物繊維が豊富な芋のひとつです。おやつにお菓子を食べるくらいなら、蒸かし芋や干し芋を食べましょう。
納豆
朝ごはんにオススメの納豆は、水溶性食物繊維だけでなく不溶性食物繊維も含まれているので腸内の掃除にも効果的。
里芋
水溶性食物繊を多く含むぬめりがある食品の代表格。里芋は芋類の中でも多くの食物繊維を含む食材です。
そば
パンやご飯、パスタなどの麺類にくらべ、ずっと多くの食物繊維を含んでいます。
和菓子
あんこの材料である小豆にも、水溶性食物繊維が含まれています。
なめこ
水溶性·不溶性どちらの食物繊維も多く含んでいます。なるべくぬめりを落とさないように食べるのがポイント。
プルーン
水溶性·不溶性どちらも同じくらい含んだバランスのよい食品です。ドライフルーツのプルーンでもじゅうぶんに効果的です。

これらの食材はずべて子供のウンチを柔らかく・出しやすくしてくれる水溶性食物繊維を含んだ食材です。ぜひ毎日の献立の参考にしてみてください!

まとめ

以上、間違った方向で摂取すると、最悪はウンチを出にくい状態につながりかねない食物繊維の種類をご紹介しました。

食物繊維に関する不安や疑問は解消されましたでしょうか?

このページのポイントとしては

  • 大人と違いこどもの便秘はウンチを柔らかく出しやすい状態に変えるのが最優先
  • 「ウンチ=痛い」から「ウンチ=スッキリする」という感覚を掴んでもらう
  • 腸の働きがイマイチなお子さんの場合、適度に不溶性食物繊維も摂取

こんな流れで進めてもらえば、スルッと出やすいウンチに変わり、気がついたら自分から進んでトイレに向かうようになるはずです。

ぜひ当ページを参考に、毎日の食事やおやつを見直して食物繊維を上手く取り入れてみてくださいね!

毎日スプーン一杯の積み重ねが腸内を元気に!オリゴ糖ランキング

2~7歳くらいの子供の便秘は毎日の食事を中心に長期的に改善してゆくことが長い目で見て便秘解消の近道。
どうやってウンチを出すか…というよりも、スムーズに腸内環境を改善して自発的にウンチが出やすい体に変えてあげることが大切です。下剤と違って副作用が無いのも嬉しいですね!

カイテキオリゴ


他にも色々なオリゴ糖はあるし、他でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、親としては“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。
「日本一売れているオリゴ糖」として有名なこちらは、そういった意味でも一番多くの子供に効果があるってことです。
サポートもしっかりしているので、始めてオリゴ糖を試してみる方はこのオリゴ糖がいいなって感じますね。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

はぐくみオリゴ


ネットを中心に売れているオリゴ糖でカイテキオリゴ並に売れている商品といえばはぐくみオリゴだって感じてます。
こちらの公式サイトでは妊婦さんや赤ちゃんに効果が。・・とありますがウチの長男の便秘にも十分に効果を実感できましたね。
価格もカイテキオリゴと同程度なので、もしカイテキオリゴで微妙・・と感じたらこちらを試してみてもいいかもしれませんね。

はぐくみオリゴの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする